Narucos labo.販売ページはこちらから!Narucos labo.

【大事なのはスタイリング剤】流行りの濡れ髪スタイルの簡単な作り方

こんな人におすすめの記事です
  • 流行りの濡れ髪の作り方を知りたい
  • 濡れ髪のポイントが知りたい

最近濡れ髪風のスタイルはとても人気ですね。

でも、どうやって作るのかわからない人も多いと思います。

自然なスタイリングというよりウェットな質感を出してくれて、艶のあるおしゃれな感じに少し色っぽい雰囲気を合わせたスタイルです。

結論から言うと、

濡れ髪スタイルで大切なのはスタイリング剤選びです。

実際ストレートヘアでもパーマヘアでも、明るくても暗くてもアレンジヘアでも、全然似合うスタイルです。

大切なのは濡れ髪スタイルを作るのに適したスタイリング剤を使っているかです。

この記事でわかること
  • 濡れ髪の印象
  • 濡れ髪の作り方
  • 濡れ髪の失敗ケース

皆さんの中のスタイリングの1つとして覚えておくと、TPOや気分に合わせた髪型の幅が広がります。

なので今回は濡れ髪の印象と作り方を紹介していきます。

ムトー

これを見れば失敗しない濡れ髪の作り方がわかります!

目次

濡れ髪スタイルの印象【おしゃれでセクシー】

ヘアカタログなんかを見ると、割と広範囲で濡れ髪やウェットヘア的なのがあります!

印象として単純に濡れた髪というのは男女ともにセクシーですよね?

その中で色っぽさとおしゃれな雰囲気を醸し出すスタイルが濡れ髪です。

大事なのはスタイル作りよりスタイリング剤

ヘアカタログを見ると、「カットが…」とか、「パーマが必要かな。」とか思いがちですが、そこは濡れ髪を作るときはそこはさほど重要ではなくて、大事なのはスタイリングです。

今回の最重要事項

もっと言えば使うスタイリング剤です。

やる事は何も特別な事はなくて、ヘアバーム系の油分の多いスタイリング剤や、グリースなどのウェット仕上げに向いたスタイリング剤を使うことが効果的です。

【おすすめスタイリング剤】ヘアバームの定義とは?

男らしいカチッとした濡れ髪感はヘアグリースやヘアジェルがおすすめ

ハードな仕上がりを求めていたら、ジェルやヘアグリースなどの艶とセット力のあるスタイリング剤がおすすめです。

女性はあまり使い道が無いと思いますが、男性の人はこっちの方が良い場合も多いです。

ポイント

そもそも硬毛・多毛で短髪だってりするとスタイリングをするときに強めのセット力が必要です。

グリース系だと【ルベル ジオ パワーオイル】がおすすめですね。

【メンズのウェットなツヤ髪におすすめ】ジオ パワーオイル クリエイティブホールド レビュー

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

グリース特有の艶のあるセット力がありながら、比較的柔らかい質感なので髪につけやすいです。

香りが独特で割と強いので、そこは好みが分かれるかもしれません。

失敗パターンはスタイリング剤をつけすぎorつけなさすぎ

ここが若干難しいかもしれませんが、自分の髪質に合わせた適量でスタイリングしてあげるのが大事です。

ムトー

あとスタイリング剤をつけ始める髪の状態に合わせるのも大事です。

濡れた状態から始める場合より乾いた状態から始める方がスタイリング剤の量を必要とします。

つけすぎると脂っぽい感じに、つけなさすぎると濡れ感がでません。

なんだか洗ってない人みたいな束感が出てしまうのは、つけすぎか、ちゃんと洗い落とせてないスタイリング剤の蓄積が影響しています。

慣れれば特に難しい事はないですが失敗のパターンとしてはここを注意してください。

補足

少しづつ足して行って適量を自分で見つけてください。

考え方として水分でウェットにするのではなく、オイルでややオイリーにしてあげるイメージ

濡れ髪とかウェットヘアみたいな表現をしてますが、水分でウェットにしてのスタイリングは調整が難しいし時間が経つと乾きますよね。

やりやすさと持続性にやや難があります。

なのでイメージとしては油分(オイル)でちょっとオイリーにして濡れ感を出してあげましょう。

ただ、オイルの方が良いと言っても、洗い流さないトリートメントのヘアオイルも質感は上がりますが、オイリー感が持続しづらいです。

濡れ髪を作る場合は、スタイリング剤は必須でヘアオイルは+αくらいに考えておきましょう。

まとめ

まとめ

今回は濡れ髪について紹介しました。

濡れ髪の印象としては、【セクシーでおしゃれ】な印象を持たれます。

カチッとまとめると清潔感のある仕事のできそうな雰囲気にもなります。

作り方は、【ヘアバームかグリース】がおすすめです。

Narucos labo.のM.T.barmは濡れ髪系のスタイリングに使うのに人気ですね♪

セット力はほとんどないので、しっかりセットしたい人より、ゆるい濡れ髪を演出して適度にまとめたい人はおすすめです。

【濡れ髪&外ハネにおすすめヘアバーム】Narucos labo. M .T .balm紹介

カチッとしたスタイルには【ルベル ジオ パワーオイル】がおすすめです。

【メンズのウェットなツヤ髪におすすめ】ジオ パワーオイル クリエイティブホールド レビュー

失敗してしまうパターンとしては、

  • スタイリング剤のつけすぎorつけなさすぎ
  • オイルではなく水分でウェットにしてしまう

難しいことは特にないですが、スタイリング剤の使い方は注意して濡れ髪スタイルを作ってみて下さい。

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる