Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.楽天市場

【カラー・パーマの保ちに効果的】有能成分ヘマチンについての紹介

この記事はおすすめの化粧品成分の紹介になります。

Naru shampooなどにも配合されている【ヘマチン】ですが、有能性が高いので改めて解説していきたいと思います。

こんな悩みがある人におすすめ
  • カラー・パーマの保ちが良くない
  • カラー・パーマの匂いが気になる
  • 髪のハリ・コシがなくなった気がする
  • 髪や頭皮の匂いが気になる

こういった悩みのある方にヘマチンは効果的です。

この記事でわかること
  • ヘマチンとは?
  • ヘマチンのメリット
  • ヘマチンのデメリット
  • 効果的にヘマチンが配合されているアイテムの見分け方

この記事でヘマチンの特徴や効果がわかるようになるので、メリット・デメリットを見極めて有用に使いこなしてください。

目次

ヘマチンのメリット

主な効果は、

ヘマチンの主な効果
  • ケラチンたんぱく質の結合の仲立ち(毛髪補修)
  • 活性酸素の除去(アンチエイジング・抗酸化作用)
  • 未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素の除去(カラー・パーマ保ちUP、ダメージケア)
  • メラニン色素活性化(白髪予防)
  • 消臭・防臭
  • 5α-リダクターゼ酵素の抑制(育毛促進)

このような感じで、なかなか魅力的な効果がいっぱいあります。

もちろん化粧品分類の成分なのでヘマチン使うと日ごとに変化を感じることはあまりなく、予防や補助的な側面も多いですが、日々継続して使っていくことで実感する部分もあると思います。

細かく解説すると複雑ですが、簡単に解説していきます。

ケラチンタンパク質の結合の仲立ち

髪の毛は主にケラチンというタンパク質で出来ています。

ヘマチンはそのケラチンと積極的にくっつこうとするので、結合することで補修効果を高め髪にハリ・コシを与えることが出来ます。

そもそもヘマチンとは?

血液中にある『ヘモグロビン』って聞いたことあると思いますが、その片割れが『ヘミン』という物質で、これを化学処理をすると『ヘマチン』になります。

化粧品とかの場合は、豚など動物の血液から作ることが多いみたいですね。

ちなみに、もう片割れは『グロビン』と言います。

『グロビン』と髪の毛の主成分『ケラチン』はよく似たタンパク質なので、ヘマチンが誤認してケラチンと優先的にくっつきます。
それで髪の毛が補修されるわけですね。

活性酸素除去

抗酸化作用が高いのでストレスや加齢に伴って発生する活性酸素を除去してくれて、劣化を予防してくれます。

未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素の除去(カラー・パーマの保ちUP、ダメージケア)

濡れ髪

ヘアチンは化学薬品対策に優れていて、パーマやカラーの還元剤や酸化剤の力を失活させる効果があります。

パーマをかけたりカラーを染めたりするためには必要な還元剤や酸化剤も役目を終えてもなお髪に残っていると継続的なダメージの原因になっていきます。

なかなか普通にシャンプーしたりトリートメントをしたり程度では除去できないので、継続的にカラーやパーマをする人は不必要なダメージを与えないためにヘマチンは必要な成分です。

パーマやカラーで楽しむために生じるダメージは多少しょうがないですが、ケア次第でうけなくていいダメージはなるべくうけないようにしたいですね。

メラニン色素活性化(白髪予防)

メラニン色素に大切な【チロシナーゼ酵素】を活性化させる働きがあります。

それによった白髪予防に効果があるとされています。

あくまで予防

勘違いしてほしくないのが、あくまで予防的な働きなので白髪が染まるとかの効果はありません!

消臭・防臭

消臭・防臭効果があり、これは体感的にもかなり感じていてサロンでもNaru shampooになってからシャンプーまたは軽く泡立て程度でも匂いを感じることはありませんね。

前述した『未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素の除去』の部分にも重なるのですが、パーマやカラーをした後に独特の匂いを感じたことがある人も多いかと思います。

それが、ヘマチン配合のシャンプーで最後洗ってあげると、未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素の力を失活させてくれるので、臭気も感じなくなります。

特にNaru shampooの話になってしまいますが、汗や皮脂・カラーやパーマなどの化学薬品の匂いは非常に効果的に抑えられます。

5α-リダクターゼ酵素の抑制(育毛促進)

5α-リダクターゼとは

5α-リダクターゼ自体が直接薄毛の原因になるわけではないですが、テストステロンという男性ホルモンとくっつくことでジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンへと変化させます。

このジヒドロテストステロンが頭皮にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結びつくことで、AGAを発症させ抜け毛の増加やヘアサイクルの乱れへと繋がり、薄毛になりやすくなるそうです。

ただあくまでヘマチンでの効果は副作用のない化粧品成分なので、予防や気休め程度と考えて本気で悩んでいる方はお医者さんに相談してください。

ヘマチンのデメリット

なんだか、非常に良さげなヘマチンですがデメリットもあります。

魅力的な効果も多い反面、配合料が多ければデメリットが大きく影響することもあるので、デメリットも紹介していきます。

あまりメリットだけ見て盲信してしまうのは危険なので、デメリットも理解してください。

性質上不安定で劣化しやすい

ヘマチンは安定性が低く『劣化しやすい』です。

元々グロビンというタンパク質とくっついて『ヘモグロビン』として安定性を保っているのですが分離されることで安定感を失います。

だから、グロビンと似た性質のケラチンと優先的にくっつこうとするんですね。

もちろん配合量や防腐剤のバランスで劣化防止するのですが、そこがうまくいってないと使っているとちょっとした違和感や異臭を感じるので注意が必要ですね。

なので、できる事として使用期限を守ったり保管方法を気をつけたりしてください。

【知らないと使用感や香りも低下】化粧品の保管方法と使用期限のルール

劣化したら効果も何もないですからね。

カラー・パーマ前に使用すると染まりやかかりに影響がでる

カラーやパーマのダメージの原因になる未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素ですが、デザインを作るにあたっては重要なものでもあリます。

そのためカラーやパーマの前にヘマチン処理をすると還元剤や酸化剤・過酸化水素の効果も失ってしまうのでカラーの染まりやパーマのかかりに影響がでるそうです。

なので2・3日前から使うのを控えたほうが良い的に言われていますが、体感としては通常のサロンワークをしていて感じた事はありません。

理屈ではそうありますが実感したことはないのであまり気にしなくても良いと思います。

が、気になる方は2・3日前から使用を控えて、カラーやパーマをした夜からまた使ってあげてください。

ヘマチンの配合濃度のちょっとした見分け方

ヘマチンの原液は、とても黒に近い褐色です。

シャンプーとかにも5〜6%程度入っているだけでも茶褐色くらいの色になります。

Naru shampooは「廃油みたい」と言われたこともありますね。

なのでヘマチン配合のへアケアを探すなら、液体の色もチェックしましょう!

ヘマチン配合なのに色がほぼ透明とかだったら、それは、ほとんど配合されてないと考えれるので、前述した効果はほとんど得られないでしょう。

逆に配合量が多くて黒褐色なシャンプーとかは、効果は高いでしょうが品質の安定感が難しくなるので、安定性が取れなくなっている可能性があリマス。

保管方法に気をつけて、なるべく回転良く使い切れるようにしましょう。

原料単価が高いので、高級なシャンプーが多いですね。

個人的には茶褐色くらいの配合濃度がいいと思いますね。

まとめ

ヘマチンの効果をまとめると、

ヘマチンの主な効果
  • ケラチンたんぱく質の結合の仲立ち(毛髪補修)
  • 活性酸素の除去(アンチエイジング、抗酸化作用)
  • 未酸化還元剤・残留アルカリ・過酸化水素の除去(カラー・パーマ保ちUP、ダメージケア)
  • メラニン色素活性化(白髪予防)
  • 消臭・防臭
  • 5α-リダクターゼ酵素の抑制(育毛促進)

【白髪予防】や【育毛促進】【アンチエイジング】はそう言われてはいますがみるみる実感できる程度の効果はないんじゃないかな?と思っています。

だけど、それ以外の【毛髪補修】【抗酸化作用】【カラー・パーマの保ちUP、ダメージケア】【消臭・防臭】の効果だけでも髪や頭皮環境に非常に有益な影響を与えてくれるので、機会があったらヘマチン配合のヘアケアを試してみてください。

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる