Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.楽天市場

【美容師も知らない?】トリートメント・リンス・コンディショナーの違い。

昔から今でも、

トリートメントしてからリンスするの?

とか、

トリートメントとコンディショナーって何が違うの?

みたいな質問は結構受けます。

みなさんは明確な違いの定義わかりますか?

トリートメントとリンスとコンディショナーの違いを解説していきます。

この記事でわかること
  • 一般的なトリートメント・コンディショナー・リンスの違い。
  • 制作にあたってのトリートメント・コンディショナー・リンスの違い。
  • 製造元からの解答

これを知ることでヘアケアでこうしなきゃと思うストレスがだいぶ減ります。

美容師さんでも意外と分かってなかったりもあるので、

色々な角度から解説していきたいと思います。

この記事を見ることで、トリートメント・リンス・コンディショナーのそれぞれの特徴がわかります。

目次

一般的なトリートメント・コンディショナー・リンスの認識

ってこんな感じではないですか?

  • トリートメント・・・内部補修
  • リンス・・・表面のコーティング
  • コンディショナー・・・2つの中間

どうですか?

だいたい美容師さんも同じイメージだと思います。

自分もこう答えてた気がします・・・。笑

実際みなさんがもってるであろうイメージを

もうちょっと細かく解説します。

トリートメント(ヘアマスク)のイメージは集中補修?

この3種類のなかで、値段も高く1番高級そうな感じですよね。

サロントリートメントと称して美容院でもやったり、

そもそもトリートメントって「治療」って意味だから、

内部補修に優れていて、しっとりサラサラに仕上がるし、

髪を復活させてくれるものがトリートメントのイメージではないですか?

週に1〜2回みたいに特別な時に集中ケアみたいに使ってる人も多いと思います。

どちらかと言うと週に数回しっかりお手入れをする感じで使ってる人も多いかなと思います。

リンス = コーティング剤

3種類の中では、毎日のお手入れ的なポジションで、

1番お手軽で毎日使って髪を整えるイメージですかね?

内部補修というよりかは髪の表面をコーティングして、

手触りや艶を出してくれるものがリンスのイメージではないでしょうか?

コンディショナーとはトリートメントとリンスの中間

イメージとしては、

トリートメントとリンスの間でしょ?

内部補修しつつコーティングもするというイメージを持ってる人多いと思います。

ヘアケアに意識の高い人も、

リンスとコンディショナーのどちらかを毎日使って、

トリートメントは週に数回もしくは特別なタイミング+その後リンスかコンディショナーのように、

3種類を使い分けていってる人も多いのではないでしょうか?

ヘアケアで大事なことは内部補修とコーティングのバランス。

自社製品のトリートメント【ERu tretment】製作の中で、

いろいろなトリートメント・リンス・コンディショナーを発注して調査したのですが、

各メーカー製品としてトリートメントやコンディショナーと名乗ってはいますが、

メーカーによって作りが全然違います。

特にトリートメントですね。

トリートメントを一般的なイメージ通り内部補修に特化した内容にして作っているメーカーもあるのですが、

実際、内部補修に特化させるとコーティングが弱くなります。

ダメージが強い場合、コーティングによる質感の誤魔化しが効かなくなるので、

「高級な割に素っ気ない」質感になってしまいます。

髪の毛は非常に強固な【ケラチン】というタンパク質で出来ていて、

ケラチンを効率良く補うことが内部補修になるのですが、

強固ゆえケラチン自体は髪につけると固まってハリが出ます。(濃度や分子量によって違いはあります。)

※参考記事 髪の構造と「ケラチン」の性質 

ダメージや乾燥している髪にハリが出るとトリートメントしてるのに収集つかなくなることになるので、

髪には、手触り・質感の為のコーティングもとても重要です!

サロントリートメントはほぼコンディショナー。

内部補修とコーティングは同じように髪には大事なのですが、

トリートメントのイメージ通り髪の補修に能力を振ると、

なんか質感イマイチだなぁ・・・

みたいなことになります。

なので、一般的なサロンメーカーさんのトリートメントは、

上記のイメージでいうとコンディショナーに近い作りになっています。

一部マニアックなメーカーさん(褒めてます。)では、

補修に振り切って質感を2の次にしてトリートメントを制作しているとこもあります。

そういったメーカーさんは質感重視のリンスやコンディショナーがセットになっていたりしますね。

ただ、一般的にはできれば1種類でどうにかしたいと考えている人が多いので、

表現はどうあれコンディショナーみたいな作りの方が、

使ってる人の気持ち的に高い満足度を感じれることがほとんどです。

サロントリートメントのほとんどは一般的に思われてるコンディショナーに近い作りになっている。

実際、サロンメーカーだと【リンス】ってほぼ無い気がしますね。

市販品は要注意!!

ただ、市販のトリートメントとコンディショナーは、

成分的なつくりを見るとほとんど一緒です。

例えば、トリートメントとコンディショナーを両方順番に使いたい人がいたとしたら、

市販のアイテムは同じものを別々に買ってると言っても良いくらい一緒でした。

トリートメント・リンス・コンディショナーの種類名に明確な定義はない。

お世話になっている製造元へ、

例えばERu tretmentをリンスやコンディショナーという表現で売りたいと思った時に、

名称の申請とは別に成分や使用感などに制限や条件はありますか?

と送ってみました。

その答えは…

連続なのは他の用件もあったからです。

要はトリートメントだからこういう成分を入れなきゃいけないとか、

リンスだからこういう作りにしなきゃいけないみたいな決まりはありません。

各メーカーのさじ加減というか言いようですね。

トリートメントと言ってたら、それはトリートメントだし、

リンスといっていったら、それはリンスです。

みなさんのイメージとメーカーの表現が必ずしも一緒とは限らないわけです。

最後に〜トリートメント・リンス・コンディショナーという名称に固執しなくてOK〜

内部補修に特化したトリートメントは、【トリートメント】と表現しない商品も多々あります。

リペアとか多いですかね。

内部補修に特化したトリートメントは基本的には質感が悪く感じることも多いです。

扱いにくくなるの嫌だし、意味なく何種類のケアするのは面倒だなという人は

名称に踊らされず、好きな質感になるものを1種類使ってあげればいいと思います。

本当に目的別になっているなら重ねてつける意味はあるけど、

そうじゃないトリートメントやリンス・コンディショナーなら

重ね付けや用途で分けるのは無駄が多いので気をつけましょう!

\ ERu tretmentに興味のある方はこちらから /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる