Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.楽天市場

【瞬間浸透・サラサラ実感】おすすめ ERu Tretment レビュー

おすすめのトリートメントが知りたい!

トリートメントジプシーの人のために、この記事ではNarucos labo.シリーズのERu tretment(えるトリートメント)を紹介していきます。

コンセプトとしては瞬間浸透で質感重視の新質感トリートメントです。

トリートメントって色々な種類や質感がありますが、

ERu tretmentはこういうトリートメント
  • つけた瞬間から実感する瞬間浸透
  • 髪の質感が変わる柔軟性
  • 重すぎずサラサラつやつやになる手触り
  • カラー・パーマ毛にも対応
  • 芳醇なラ・フランスの香り

こういったトリートメントが好きな方はぜひ最後まで見てみてください。

シャンプーや洗い流さないトリートメントも含めた3種類でヘアケアを頑張っている人には、

お風呂で行うトリートメントは、みなさんの気持ち的にも割と質感重視が良いので、

好きな質感で選ぶのはおすすめです。

触り心地の良い髪好きですよね?

この記事でわかること
  • ERu tretmentの使用感
  • ERu tretmentの全成分と髪に与える影響の解説
  • トリートメントのポジション

トリートメントという呼び方でやっていきますが、

受け取り方としては、リンスでもコンディショナーでもOKです。

【美容師も知らない?】トリートメント・リンス・コンディショナーの違い。

質感重視なので使ってみないとわかりませんが、なるべく文字だけでも魅力的に書いていくので、

トリートメント選びに迷っている方は是非最後まで見てください。

\ ERu tretmentはこちらから/

目次

つや・手触り・柔軟性に特化した使用感。

使用感としては付けた瞬間から髪に馴染むような体験ができます。

ERu tretmentは白色ですが髪につけると瞬間的に髪に浸透して、白濁色から馴染ませていくとどんどん薄くなっていきます。

髪のCMC(細胞膜複合体)と言われる、脂質に馴染んでいくので、良質な柔軟性にしてくれます。

CMCとは髪の毛の中の脂質で髪が綺麗になびいたりするための潤滑油みたいなものです。

CMCは繰り返しているカラー・パーマやライフスタイル・年齢的もので徐々に減少していくので、定期的な補充は必要です。

髪につけて毛先に向かって馴染ませていけば、

すぐにツルツルになる髪を実感できると思います。

香りは芳醇なラ・フランスの香り。

Naru shampooと同様に、香りはラ・フランスの香りです。

セットなので合わせたかたちですが、

セット出なきゃいけないわけではないので、

そこは誤解せず使ってみてください。

【さっぱり洗えて、ふけ・かゆみも抑える】 Naru shampoo レビュー

全成分と特徴解説。

まず全成分は、

全成分表

水・コメヌカ油 ・ジメチコン・ マカデミアナッツ油・ セタノール・ ベヘントリモニウムクロリド ・アモジメチコン・ べヘニルアルコール・ ホホバ種子油・ マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル・ 水添レシチン・セラミド2・ ダイズステロール ・ポリクオタニウム-64・ ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・ ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ジココジモニウムクロリド・ステアルトリモニウムクロリド・エタノール・EDTA-2Na・ メチルパラベン ・フェノキシエタノール・ 香料

ベースの【コメヌカ油】はサラッとした質感で肌馴染みの良い

ほぼ酸化しない油脂です。

【酸化とは無縁?】コメヌカオイルについて

市販のトリートメントで成分のトップが油脂というものはそうないんじゃないかな。

【ジメチコン】と【アモジメチコン】は比較的重めのシリコーンオイルです。

ERu tretmentの推しポイント 1

【マカデミアナッツ油】と【マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル】は、

マカデミアナッツオイル入っているパルミトレイン酸は柔軟性に優れていてCMCを元気にする成分です。

驚くほどの柔軟性「マカデミアナッツオイル」について【髪質変わった?】

【ダイズステロール】【ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)】も

効果的に柔軟性を与えてくれます。

【セラミド2】は高い保湿効果とカラーやパーマの保ちに貢献します。

【ホホバ種子油】はビタミンEとアミノ酸が豊富な安心・安定の万能成分で、

安全・安定の良コスメオイル『ホホバオイル』について。

【ポリクオタニウム-64】はリピジュアと呼ばれるヒアルロン酸に約2倍の保湿力と保水力を持つ成分です。

ERu tretmentの推しポイント 2

【水添レシチン】や【ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)】は、

他の有効成分を引き連れながら毛髪内部に即浸透して瞬間浸透してくれます。

【ベヘントリモニウムクロリド】【ジココジモニウムクロリド】【ステアルトリモニウムクロリド】は、

カチオン(陽イオン)界面活性剤です。

ヘアトリートメントとしては定番の成分で、

柔軟性を上げてくれたり帯電防止と言って静電気を抑えてくれますが、

殺菌力もあって、肌の弱い人はそれが刺激や肌荒れの原因になる可能性があるので、

肌につけるのはなるべくやめてください。

あとは品質安定を図るための成分たちですね。

ERu tretmentは質感重視トリートメント

みんな綺麗な髪が好きですよね?

ERu tretmentのコンセプトはつや・手触り・柔軟性に特化させた

『美髪』を『得る』トリートメントとして、

綺麗な美髪を自ら獲得しようと質感重視で製作しました!!

綺麗に魅せ続ける髪にする事が1番の狙いのトリートメントです。

トリートメントは使用感重視でも良い

トリートメント自体で髪がダメージしちゃうとか、

悪くなるって事はよっぽどでない限り考えられないので、

基本使い心地と好きな髪質になる事を重視して選ぶと良いと思います。

色々な髪にいい補修効果のある成分はあって、もちろん髪の補修をしてくれるので、

補修効果の高いトリートメントを使うことは大事ですが、

髪に与える補修効果によっては使用感が素っ気なかったり、

イマイチ満足度高くない事があります。

それなのに・・・

なんか髪にいいらしいから・・・

と、使い続けても気持ちの満足度は下がる一方なので、

無理して使い続けず好きな使用感のトリートメントを使ってください。

ERu tretmentのデメリットはハイダメージ毛には物足りない

シリコーン系のオイルは配合されていますが割と【サラしと】な質感なので、

パーマやブリーチカラーを繰り返した髪には物足りなく感じてしまうかもしれません。

ハイダメージ毛の人は重めのしっとり系トリートメントの方がダメージをうまく誤魔化してくれるのでおすすめです。

割と量をつけるといい感じにはなりますが、そうするとコスパが悪いので、

そんな人のために現在しっとり感を増してハイダメージも抑えられるようなトリートメントを製作中です。

そちらがおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

2021.9では最終段階です。

今の段階でおすすめなのは【イオ ディープマスク】です。

しっとりした質感が気持ち良いと思いますが、

かなり厚い皮膜を形成するので、シャンプーでしっかり洗い流してください。

最後に〜トリートメント自体ダメージしないけどやり方で傷む可能性はある。〜

トリートメント自体でダメージすることはないですけど、

カラーやパーマの不十分な残留除去後の高重厚トリートメントや、

トリートメントが何日も髪の毛に残留した状態にさせておくと、

髪には負担になってしまうので気をつけてください。

トリートメントの使い方や扱いで髪は傷むので、

トリートメントの選び方よりもトリートメントの使い方には十分気をつけてください。

毎日のシャンプーなどでしっかり洗い落としてあげれるように、

トータルのヘアケアで考えられるといいと思います。

\ ERu tretmentはこちらから /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる