Narucos labo.販売ページはこちらから!Narucos labo.

【効率の良いヘアケア】きれいで健康的な髪にするために意識するべきこと

こんな人におすすめの記事です。
  • ヘアケアを頑張っているけどなかなか良くなっている気がしない人
  • 効率良く髪を良くしていきたい人

髪を綺麗に良くする努力を日々続けている人は多いと思います。

そのためにサロントリートメントをしてみたり、高級なトリートメントを使ってみたり試行錯誤しますよね?

その結果、髪は良くなりましたか?

トリートメントをした後はもちろんツルツルサラサラで気持ちいいですが、結局また日にちが経つと傷んだ髪になってしまうこともあると思います。

ムトー

そしてまたヘアサロンでトリートメントをしてというサイクルになっている人も多いと思います。

いつまで経っても回復させ続けなきゃいけないことに疑問を持つことはありませんか?

製造元

毎回トリートメントしてるけどいつになったら髪の毛が健康になるんだろう。

みたいな・・・結論を言うと、

髪は良くしようとしても良くなりません。

それよりも、これ以上ダメージさせないとした方が髪は良くなっていきます。

髪を綺麗にするための努力はかなりしますが、髪を守るという事はよくわからないという人も結構多いです。

実は髪の毛は良くすることに労力をかけるより、ダメージさせないことに労力をかけた方が髪は綺麗で健康な髪を保ち続けれます。

傷んだらトリートメントで復活させたらいいと思うかもしれませんが、基本髪の毛は死滅細胞なので一度傷んでしまったら、その毛が復活することはありません。

*参考記事・・・髪のなりたち|髪の知識|花王株式会社 ヘアケアサイト – Kao

健康的な髪の毛に復活させる為には、時間をかけてはえ変わりを待つことです。

この記事でわかること
  • 健康な髪にするために大切なこと
  • 健康な髪にするためにやるべきこと
  • 髪のケアについて考えるべきなこと

今回は、髪は良くする努力よりダメージさせない事に注力注いだ方が、絶対に体感としてもコスパ的にも良いって話をしていきます。

目次

健康な髪のためには、髪の毛は必要以上にダメージさせないことが大切

後述しますが大前提として、【一度傷んでしまった髪は元には戻らない】ということは事実です。

なので、これ以上髪をダメージさせないということに意識してあげるだけで、本質的に健康な髪に近づきます。

そのために必要なことは、

  • ヘアサロンでカラーやパーマをしない
  • 日常で受けるダメージの原因から極力髪を守る

ということです。

いや、カラーやパーマは必要!

という人も多いと思います。

今回は髪のダメージに関してだけの話なので極論で紹介しています。

ただ、この2点は事実なので、ちゃんと意識してその上であなたの気持ちにも髪の毛にも必要なバランスで楽しんで欲しいです。

ヘアサロンでカラーやパーマをしない

実際、ヘアサロンで施術するカラーやパーマなどが、日常的に起こる何よりも髪の毛を傷めます。

ムトー

ブリーチや縮毛矯正などは特にですね。

どんなにダメージレスを謳っていても、施術後サロントリートメントをしていてもです。

ですので、なるべくしないほうが髪には良いということは認識してもらって、その中で美容師さんに相談してください。

1回のカラーやパーマでより保ちを意識したり、状況によっては根本部分にだけ作用させる【リタッチ】などで髪に優しい施術も意識してみてください。

日常で受けるダメージの原因から髪を守る

主に、【紫外線・熱・乾燥・摩擦・その他に有害物質】が髪のダメージに影響を与えてしまいます。

事実、サーフィンをしている人や野外でのスポーツをしている人は髪が傷みやすい傾向があります。

あと、ヘアセットなど髪をいじるのが好きな人もアイロンの熱や摩擦などで、実は髪が傷んでしまっている人も多いです。

なので、帽子を被ったり、洗い流さないトリートメントをつけたりで対策をしてください。

出来るか出来ないかは別として、【毎日やらない】ことで髪を休めてあげるのも良いかもしれません。

健康な髪にするには、シャンプーや洗い流さないトリートメントで髪を守ることが必要

今以上のダメージを与えない事で、本質から健康的な髪を手に入れるには、シャンプーと洗い流さないトリートメントが大事です。

シャンプーでの適性洗浄力と、高バリア機能のある洗い流さないトリートメントで、不必要なダメージを与えずに健康な髪に生まれ変わらせることが健康な髪への近道です。

シャンプーで髪のダメージの原因成分を除去

カラーやパーマなどの施術で髪が傷んでしまうのは、ある種仕方がないことではあります。

ただ、残留してしまうダメージの原因になる成分は極力早く髪から除去してあげる必要があります。

そのためにも適正な能力を持ったシャンプーで早めに洗い流してあげて、不必要にダメージさせないことが綺麗で健康な髪に近づくために必要なことです。

成分的にいうとヘマチンがおすすめです。

液体が褐色になっている程度の高配合なものが良いですね。

【カラー・パーマの保ちに効果的】有能成分ヘマチンについての紹介

日常で受けてしまうダメージの原因から洗い流さないトリートメントで髪を守る

前述した【紫外線・熱・乾燥・摩擦・その他の有害物質】から洗い流さないトリートメントで髪を守ってあげてください。

これらのダメージはカラーやパーマなどとは違って、ダメージがでなければでない方が良いので、意識して守ってあげましょう。

適した洗い流さないトリートメントはあるので、色々調べてみるのも良いですが、面倒な人はSincere creamはおすすめです。

高いバリア機能は最初に意識していた部分でもあるので、興味がありましたら是非使ってみてください。

なにかをしたから健康な髪に復活するということはない

髪の毛は、一朝一夕で復活することは絶対にありません。

これをしたら髪の毛復活しますよー!みたいな、高額のサロントリートメントを毎月やってる人。

それ復活してますか?

本当に復活してたら毎月やる必要あります?

そんなに普段、髪に負担がかかる生活送ってますか?

何かをしたから髪が本質から改善したとか復活したっていう夢のような話はありません。

綺麗になったりサラサラにはなるので、それを改善とごっちゃにしてしまいがちですよね。

ですが、それは手を加えて綺麗にしているのであって、髪自体が復活したわけではありません。

化粧や加工なんかと同じです。

そういった質感調整も綺麗な髪には必要なことです。

綺麗な髪をつくるというのは、美容師の本質でもあるので大切ですが、髪の修復や復活とはまた違うので注意してください。

高額トリートメント綺麗を作り続けるのも良いけど付き合い方は理解したい

綺麗な髪って手触り良いし気持ちいいものです。

気分も上がりますよね。

なので、こんな気持ちになれるだけで美容院でやるシステムトリートメントは良い面もあります。

ただ、これで綺麗がずっと続くわけではないし、やり方によっては髪に余計な負担をかけてしまうリスクもあります。

※参考ブログ・・・「美容室トリートメント」で髪が傷む?~縮毛矯正より怖いトリートメント~ (前編)

綺麗にする事と健康になる事を勘違いしないように気にしていきたいところですね。

まとめ

まとめると、

髪は良くしようとしても良くはなりません。

それより、これ以上ダメージさせないとした方が髪は良くなっていきます。

髪の毛は死滅細胞なので、1度傷んでしまった髪は元には戻りません。

なので、髪は極力傷めず生え変わりを待つことが大切です。

髪が傷んでしまう原因としては、

  • ヘアサロンでカラーやパーマ
  • 日常で受けるダメージ【紫外線・熱・乾燥・摩擦・その他の有害物質】

ただ、傷むからと敬遠していても楽しくないと思うので、バランスを大切にしてください。

そのためには、適したシャンプーと洗い流さないトリートメントが大事になります。

髪のダメージの原因になる成分を除去できて髪を守れるものがいいですが、探すのがややこしくなると思うので、Narucos labo.のアイテムも候補に入れてみてください。

除去効果とバリア機能はまず意識したところですのでおすすめです。

\ ショップぺージはこちらから /

お風呂でやるトリートメントやサロントリートメントは【補修・質感調整】の面が強いので、髪が復活するかというとそれは違います。

それはそれで大事なことですが、付き合い方を間違えないように気をつけてください。

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる