Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.楽天市場

【トリートメントにも保湿クリームにも】Sincere cream レビュー

重くならない軽めのアウトバストリートメントないかなぁ

紫外線とかから髪を守ってくれるのが欲しい!

肌にも使えると嬉しい!

といった人向けに紹介していきます。

おすすめのアウトバストリートメントのNarucos labo.シリーズのヘアクリームSincere creamの紹介です。

質感の好みは人それぞれあると思いますが、ほぼ例外なく大切にしたい、【低刺激性】と【バリア機能】

高いレベルで備えているアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)です。

この記事でわかること
  • Sincere creamの特徴
  • Sincere creamの効果
  • アウトバストリートメントに欲しい要素
  • Sincere creamのデメリット

Narucos labo.として2015年くらいに1番初めに製作したのがSincere creamですね。

そこから、何回かリニューアルを繰り返して今の形になりました。

Narucos labo.ではリピート率No.1です。

\ Sincere creamはここから! /

Sincere creamの良さを通して洗い流さないトリートメントの大切さを紹介していきます。

目次

ノンシリコン処方でさらっとした軽めの洗い流さないトリートメント

髪にも肌にもさらっとした使用感で、重くなったりべたついたりはしないです。

成分にシリコーンなどのしっとり系のオイルは入れておらず、

つけ心地も軽くサラッとまとめてくれます。

保湿クリームとしても使えるので、付け終わった後の手に残ってるSincere creamは

そのまま肌に馴染ませられるので、洗い落とす必要はありません。

肌への影響は個人差があるので、違和感を感じたら使用は中止してください。

利用いただいているサロンでも、乾かす前や乾かした後、最後の仕上げにも使ってもらってます。

軟毛〜普通毛向け・性別は問わない万能性

ニライカナイでもロング〜ショートさらにメンズなどほとんどのお客さんに対応できるほど万能クリームです。

細毛や軟毛の人もつけた後ペタッとならないし、

敏感肌の人で、使えるヘアケアが限られてる人にもリピーターは多いです。

特徴をまとめると・・・
  • 軽くサラッとしたつけ心地
  • 肌にも使えるので手についたクリームも馴染ませてOK
  • ロング〜ショートまで万能の洗い流さないトリートメント

多毛・硬毛の人でダメージや乾燥が強く出てしまっている髪には物足りないと思うので、

Sincere oilから、コンディションが落ち着いたらSincere creamの流れがいいですね!

香りは優しいホワイトフローラルの香り。

ホワイトフローラルの香りで、強すぎずほのかに香る優しい香りです。

sincere creamだけでも割と人気ですし、

他の香りを邪魔しないさりげない香りになってます。

全成分と特徴を紹介

全成分はこんな感じ・・・

全成分表

水 BG ホホバ種子油 グリセリン スクワラン セラミドEOP セラミドNP セラミドAP ジラウロイルグルタミン酸リシンNa ポリクオタニウム-64 ヒドロキシプロピルキトサン メドウフォーム-δ-ラクトン グリチルリチン酸2K ラウリン酸スクロース (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー ポリソルベート60 トコフェロール フィトスフィンゴシン コレステロール ラウロイルラクチエ-トNa カルボマー キサンタンガム メチルパラペン プロピルパラペン 香料

ベースは【BG】と【ホホバ種子油】です。

BGは、(1,3-ブチレングリコール)という抗菌性の多価アルコールで非常に低刺激で敏感肌用の化粧品に良く配合されています。

ホホバ種子油は、17種類のアミノ酸を含みビタミンEが豊富な抗酸化作用の高いオイル・・・

ではなく液体ロウになります。

ちょっと豆知識 1

ホホバオイルは【オイル】と表記されていますが化学構造上ロウ【ワックス】になります。

※参考資料  ホホバ種子油とは…成分効果と毒性を解説

【グリセリン】も超低刺激な多価アルコールで、BGに比べると吸着性高いので質感的にしっとり感を出します。

【スクワラン】は人の皮脂中にも含まれていて、髪や肌への感触が非常に良い安定性の高いオイルです。

油性感は少ないさらっとした質感です。

各種【セラミド】や【フィトスフィンゴシン】や【コレステロール】などの擬似セラミドは

髪の毛の中のCMCや肌の角質を補修して弾力や柔軟性を与えます。

CMCは良質な髪のために補修必須な場所です。

ちょっと豆知識 2

CMCとは、【細胞膜複合体】と言われる髪の毛の中にある脂質です。

CMCが不足していると、髪がごわついたり手触りや質感が低下します。

CMCはカラーやパーマ、加齢などで失いやすいので、継続的な補填は必須です。

日常の中でダメージの原因になる要素から徹底バリア

最初にSincere creamを作り始めたときに、カラーやパーマをたくさん楽しんで欲しい理由で、

極力それ以外の原因でダメージを与えたくない気持ちから、

普段の生活の中で受けるダメージの原因から髪や肌を守れるように作りました。

紫外線・熱・摩擦・乾燥・有害物質から極力髪を守ります。

成分と合わせて解説していきます。

紫外線

Sincere creamは、キトサン(ヒドロキシプロピルキトサン)が配合されており、

滑らかな質感で紫外線吸収作用や対刺激性から守る事に優れています。

配合されているメドウフォーム-δ-ラクトンは、

ラクトン誘導体と言って熱の力で髪のタンパク質ケラチンの損傷部に反応して補修してくれます。

ドライヤーやヘアアイロンを使うほど髪を補修!【ラクトン誘導体】

摩擦

上記のキトサンやラクトン誘導体は、滑らかで軽いコーティングを作ってくれるので、

摩擦によるダメージを大幅に軽減させてくれます。

ちょっと豆知識 3

髪をダメージさせないために摩擦を意識するのはとても大切なので気にしてみてください。

 【意外と難しい?】シャンプーの上手な泡立て方

乾燥

リピジュアと呼ばれるポリクオタニウム-64は、

ヒアルロン酸の約2倍の保湿・保水力で日頃受けてしまう乾燥から髪や肌を守ります。

ホホバ種子油も人が持つ天然保湿因子(NMF)に極めて近い構造で補修&保湿します。

有害物質

これらの成分が効果的に機能してくれるので、

ライフスタイルの中で髪にとって負担になってしまうものからしっかり守ってくれます。

最後に〜しっとり系が好きな人にはあまり向いていない。〜

しっとり系が好きだったり、髪を抑えたい人にはちょっと物足りないと思います。

そういう人はsincere oilの方がおすすめですね!

ダメージや乾燥が強く出てて流さないトリートメントでどうにかしたい人も、

割としっとりタイプの洗い流さないトリートメントの方が向くと思うので物足りないかもしれません。

生活の中での髪へのダメージからは、しっかり守ってくれるので、

使い続ける事で徐々に髪のダメージや少なくなって、

コンディションが上がってきて自然なサラサラな手触りや艶が出てきます。

大切なことは・・・

髪の毛はダメージさせないことが綺麗で健康的な髪への近道です。

\ Sincere creamはここから! /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる