Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.楽天市場

【コスパ最高!しっかり洗えて低刺激】カウンセリングプレシャンプー レビュー

なるべく安くて肌にも優しくてしっかり洗えるシャンプー欲しい!

こう言った人に向けてディアテックのカウンセリングプレシャンプーを紹介していきます。

非常にオススメなので相性の良い人もかなり多いと思います。

ちなみに自分が在籍しているヘアサロン【ニライカナイ】では、Naru shampooとカウンセリングプレシャンプーをメインシャンプーとして状況に応じて使い分けています。

Naru shampooが完成する前から使っていたので、かなり長い期間使っています。

Naru shampooを製作段階で、非常に参考になったシャンプーでもあります。

この記事でわかること
  • カウンセリングプレシャンプーの特徴
  • カウンセリングプレシャンプーのメリット
  • カウンセリングプレシャンプーのデメリット

カウンセリングプレシャンプーは、定価でも1000mlで¥2200-程度で、

市販のシャンプークラスにコスパが良いのに、内容的にも使用感的にも非常におすすめのシャンプーです。

基本購入はオンラインになると思いますが、

上記の条件には当てはまるのでシャンプージプシーから卒業できるかもしれません。

プレシャンプーとは

プレシャンプーというのはカラーやパーマの前や補修力の高いシャンプーの前にスタイリング剤など阻害してしまう成分を取り除くために行うシャンプーのことです。

*プレシャンプーと記載されていますが、メインのシャンプーとしても十分なアイテムです。

目次

しっかりした洗浄力だけど低刺激な使用感

使用感としては、泡立ちも良好でスタイリング剤などのコーティングも落としやすい洗浄力で、

洗浄力ばかり特化させると髪がきしんだりしそうですが、

特に髪にきしみ感が出ることもない洗い上がりです。

個人的には理想の洗浄力だと思います。

家族で使える洗浄力と安心設計

高い洗浄バランスと低刺激性を兼ね備えているので、多汗な子供から大人まで安心して使えます。

洗浄バランスが良いので、汗や皮脂汚れ臭いも落としてくれます。

実際自分の家でも子供も大人もカウンセリングプレシャンプーを使うことが割と多いですね。

しかも体も普通に洗ってます。

市販のボディーソープなんかは石鹸ベースがほとんどなので、

それに比べたらはるかに低刺激なので、今のところトラブルなく使用しています。

もちろん個人差はある話なので異常がありましたら直ちに使用をやめてください。

洗浄効果に特化したシンプルな全成分

全成分はこちら♪

全成分表

水、ラウレス-6カルボン酸Na、コカミドプロピルベタイン、パーム核脂肪酸アミドDEA、ジステアリン酸PEG-150、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、クエン酸、エタノール、フェノキシエタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

非常にシンプルな成分構成になっています。

主洗浄剤の【ラウレス-6カルボン酸Na】は、個人的にも好きな洗浄剤で、

酸性石鹸と呼ばれている、低刺激でしっかりした洗浄力をもっている洗浄剤です。

Naru shampooもベースはカルボン酸です。

【さっぱり洗えて、ふけ・かゆみも抑える】 Naru shampoo レビュー

【コカミドプロピルベタイン】【パーム核脂肪酸アミドDEA】は、

低刺激で洗浄力も弱く質感がややしっとりする両性界面活性剤ですね。

これは主観ですが、両性界面活性剤が2種類以上入ってる場合、

少しさっぱり感弱めに仕上がることが多い気がします。

しっとり系シャンプーが好きな人は「〜ベタイン」と書いてある成分も見てあげると選びやすいですね♪

シャンプーの洗い上がりなるべく軋みを感じたくない人はオススメです。

あとは、【ジステアリン酸PEG-150】【トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル】は、

スタイリング剤やトリートメントなどのワックス成分やオイル成分を、

ほぼ無刺激で溶かし落としてくれる【非イオン界面活性剤】です。

ここら辺が配合されていると洗う意識しっかりしているなと思えるポイントですね。

定価1000mlで ¥2200-

ドラックストアで売られてるようなシャンプーではないですが、

内容量と価格でいったらドラックストアで売られているシャンプーに全く引けのとらない価格です!

最近の市販のシャンプーも490mlで¥1650-くらいのもあるので、それよりも安い価格設定ですね。

使用感も内容成分もコスパのとても良いシャンプーです。

さわやかな柑橘系の香り

甘い香りや芳醇な香りが好きな人からしたら物足りない部分もあるかもしれませんが、

嫌いな人はいないであろう爽やかな香りです。

カウンセリングプレシャンプーのデメリットは洗浄効果以外の特徴がほぼない

最近のシャンプーなんかは質感調整や補修効果が期待できるものも多くありますが、

基本的にそういった期待はできません。

ダメージの少ない人にはきしみ感も感じず良好な洗い上がりですが、

強めのダメージ毛の人は特に質感調整されないので、洗い上がりはそれなりにきしみ感を感じると思います。

シャンプーでダメージしてしまってるのとは違うので勘違いしないようにしてください。

あえてデメリットと言わせてもらっていますが、シャンプーは基本それで良いと思うので、

質感調整はトリートメントで補えるといいですね。

低刺激で高い洗浄効果はあるが素っ気ない

シンプルな成分設定と理想の洗浄バランスでしっかり洗えて低刺激は実現していますが、

あえて嫌な言い方をすると、『それだけ』です。

なので、人によっては味気なく感じるかもしれません。

逆に言うと洗浄バランスを極めているし、おそらくそこを狙っていると思うので、

今の髪のコンディションにもよりますが、補修効果はなくてもストレスない洗い上がりだと思います。

カラーやパーマなどには特別対応はしていない。

洗浄バランスと低刺激性のおかげで、並のカラー用とかのシャンプーよりクオリティは高いですが、

特別『色もち』などや残留成分の除去効果とかがある感じではないので、

カラーやパーマをしていて保ちの部分で気にしたい人は注意してください。

最後に〜シャンプーは髪を洗うものを愚直に実現〜

泡立て方

特別補修効果や質感調整があるわけではないですが、

低刺激に髪をきれいに洗い上げるという点でオススメなシャンプーです。

低価格設定の実現

思い切ってシャンプーとしてシンプルに大切なことにのみ特化することで1000ml ¥2200-というのを可能にしたのかもしれません。

シャンプーに迷ったら一度使ってみると良いかと思います♪

あと、コスト削減なのか容器は詰替用の容器しかありません。

こういったホルダーは別売りで売られているので使ってもいいし、

ボトルに移し替えるなりして対策してください!

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる