Narucos labo.販売ページはこちらから!Narucos labo.

【髪にも肌にも優しい成分?】アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリット

こんな人におすすめの記事です。
  • アミノ酸系の洗浄成分について知りたい
  • アミノ酸系洗浄成分って良いの?悪いの?
  • 市販で買えるおすすめのアミノ酸系シャンプーが知りたい

シャンプーやボディソープを選ぶときに、【アミノ酸系シャンプー】とか【アミノ酸系洗浄成分配合】とか目にしたり耳にしたりすることありませんか?

人によっては意識的にアミノ酸系のものを選んだり、髪にも肌にも最高に良いものというイメージを持っている人も多いと思います。

ムトー

実際自分も商品開発をする前は同じように思ってました。

なので、「アミノ酸系〜」とか、「アミノ酸系洗浄剤配合」とか、何かとアミノ酸系の成分を推すように取り上げられることも多いですね。

成分名としては、成分名の中にアミノ酸の名称が記載されているなどのアミノ酸の名称が入っているものが多いです。

よく使われている成分としては、

  • アラニン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • サルコシン
  • アスパラギン酸

あたりが多いです。

もちろん良質な成分であることの間違いないですが、ただ単純に良いものと思われがちなアミノ酸系洗浄成分にもメリットもあればデメリットもあるので、今回はそこの部分を紹介していきたいと思います。

結論を言うと、

  • メリットは生分解性が高く肌や髪のも低刺激(一部例外あり)
  • デメリットは優しい故に洗浄力が弱くトリートメントやスタイリング剤が残留しがち

最近はドラックストアでもアミノ酸系がベースのシャンプーも割と見られるようになったので、おすすめのシャンプーも紹介します。

この記事でわかること
  • アミノ酸系洗浄成分とは?
  • アミノ酸系洗浄成分のメリット
  • アミノ酸系洗浄成分のデメリット
  • おすすめのアミノ酸系洗浄成分ベースの市販のシャンプー
  • アミノ酸系洗浄成分の宣伝文句に対しての考え方
目次

アミノ酸系洗浄成分のメリット

メリットはなんといっても、低刺激で髪にも肌にも優しいところです。

生分解性も高く微生物によって速やかに分解されていくので、まさに環境の観点からも時代にあった洗浄成分。

アミノ酸の種類によって多少違いはありますが、基本的にはとても低刺激で安心して使うことができます。

敏感肌やヘアケアシャンプーを求める人は、アミノ酸系シャンプーを探して使ってませんか?

ただ、ラウロイルサルコシンNaなどアミノ酸系の洗浄成分としてはやや刺激性もある成分もあります。

アミノ酸系洗浄剤のデメリット

アミノ酸系洗浄剤は他の洗浄剤に比べて比較的洗浄力が低いです。

ここも、アミノ酸の種類によって違いはありますが基本的にはさほど高い洗浄力を持っているものはありません。

なので、コーティング剤などの油性成分やワックスなどのスタイリング剤などは、1回のシャンプーなどではなかなか取れません。

落とすべき油脂や汚れも落とせないので、かえって髪や肌のコンディション低下になります。

なのでメリットだけ鵜呑みにして、「アミノ酸系は良い!」と思ってしまうのは、早計なので気をつけたいですね。

洗浄成分は組み合わせが重要なので、アミノ酸系の洗浄剤だけで構成されているよりか、バランスよく配合されているシャンプーの方がいいシャンプーです。

ほぼ無刺激で落としにくい油分なども落としてくれる、非イオン界面活性剤も一緒に配合されているシャンプーなどがおすすめです。

【ほぼ無刺激で毒性も極めて少ない重要な成分】非イオン界面活性剤について

ムトー

何事もバランスが大事ですね。

各々のライフスタイルと合わせてシャンプーなども選べるのが理想です。

アミノ酸系洗浄成分とはアミノ酸がくっついた洗浄剤(アニオン界面活性剤)

アミノ酸系洗浄成分とは、アシル基(脂肪酸)とアミノ酸とアルカリ剤からなるアニオン(陰イオン)界面活性剤です。

成分名の中に、アミノ酸の名称が記載されているなどのアミノ酸の名称が入っているものが多いです。

よく使われている成分としては、

  • アラニン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • サルコシン
  • アスパラギン酸

ここら辺は、アミノ酸系洗浄成分として全成分表でもよく見かけるアミノ酸だと思います。

ちなみに【タウリン】もアミノ酸系洗浄成分に分類している人がいますが、似ているけど厳密には違うものなのでアミノ酸系洗浄成分ではありません。

【アミノ酸ではない!?】タウリン系洗浄成分について

そのアミノ酸にラウリン酸やステアリン酸などの脂肪酸とカリウム・ナトリウム・TEAなどがくっついて、アミノ酸系洗浄成分になります。

例えば・・・

ラウロイルグルタミン酸TEA = ラウリン酸+グルタミン酸+TEA

といった感じです。

細かい話をするともっと複雑ですがある程度わかりやすい範囲でこんな感じと思ってもらえたら良いですね。

アラニン系洗浄成分

比較的洗浄力が高くて低刺激な洗浄成分です。

弱酸性でも優れた起泡力があって、他の洗浄成分との相乗効果でより効果の上がる成分です。

割と高級な成分とされていて、サロンシャンプーや良質なシャンプーでは良く使われている成分ですね。

グリシン系洗浄成分

石鹸に似た構造でさっぱりした使用感があります。

髪の毛にはあまり向かずややきしみを感じることもある成分。

やや刺激性ありともされているので、補助的に使われることが多いです。

グルタミン酸洗浄成分

酸性アミノ酸なので髪や肌には優しい低刺激なアミノ酸系洗浄成分。

グルタミン酸は髪の毛の主成分ケラチンを構成するアミノ酸としても2番目に多い。

洗浄力が低いので、これだけでしっかり洗い上げるのは難しい。

どちらかというとしっとりとした仕上がりが特徴的です。

Naru shampooにも補助的に配合されていますね。

【さっぱり洗えて、ふけ・かゆみも抑える】 Naru shampoo【おすすめシャンプー】

サルコシン系洗浄成分

アミノ酸洗浄成分としては1番歴史が古く1940代から使われている成分。

洗浄力・脱脂力が高く抗菌作用もあるため、安全ではあるが刺激性があって髪などに残留しやすい。

最近はサルコシン系がベースのシャンプーなどはあまり見なくなってます。(補助的に使われているものはあり。)

アスパラギン酸系洗浄成分

グルタミン酸同様酸性アミノ酸で洗い上がりがマイルドで低刺激。

グルタミン酸と似た使用感だけどすすぎやすさはアスパラギン酸の方が良好。

ベビーシャンプーや敏感肌用のシャンプーなどに入っていることが多い。

アミノ酸系シャンプーを謳った宣伝文句はあまり意味がない

市販のシャンプーやサロンシャンプーでも、広告的にアミノ酸系を全面に押し出したシャンプーは割とあります。

しかし、シャンプーの基本的な洗浄バランスは色々な成分の組み合わせでできていて、その中で少しでもアミノ酸系洗浄剤が配合されていたら「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれます。

ムトー

ほんとに少ししか配合されていなそうなのに、めっちゃ推してる・・・みたいなこともありますね。

実際アミノ酸系のみで構成されているシャンプーは洗浄力が弱めなので、スタイリング剤や油性成分の強いトリートメントは落としきれません。

なので、そういったシャンプーなどは少ないしシャンプーとしてはあまりおすすめできません。

どのみちこういった文言は見栄えは良くても、髪や肌に対する効果としては期待できないケースも多いです。

なので、あまり参考にせずに気になったら、裏面の全成分表を確認するのがいいと思います。

ある程度の洗浄力はシャンプーには絶対大切です。

市販でおすすめのアミノ酸系シャンプー

市販のシャンプーでおすすめなのは、【クラシエ ma&me Latte】です。

ラウロイルメチルアラニンNaがベースで他の成分も良質なシャンプーです。

【アラニン系洗浄成分】

デメリットもうまくサポートされてますね。

家族で使えるので、子供から大人まで安心して使うことができると思います。

公式サイトhttps://www.kracie.co.jp/ma-me-latte/

モイストリペアかダメージリペアがおすすめです!

ドラッグストアウェルネス
¥877 (2021/11/15 14:43時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

まとめ

アミノ酸系洗浄成分のメリット
  • 種類にもよるが概ね肌に優しく低刺激
  • 生分解性にも優れていて環境にも優しい
アミノ酸系洗浄成分のデメリット
  • 比較的洗浄力が弱く油分などが落としきれないことも多い

アミノ酸ってだけで、

良いものだ!

と思われがちですが、実はデメリットもあるし種類によっての違いもあるので、思考停止にならず今のコンディションと合わせてうまく取り入れられると良いですね。

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる