Narucos labo.販売ページはこちらから! Narucos labo.

【アミノ酸ではない!?】タウリン系洗浄成分について

この記事はおすすめの洗浄成分の紹介記事です。

こんな人におすすめの記事です。
  • シャンプーにおすすめな洗浄成分について知りたい
  • タウリン系の特徴を知りたい
  • タウリン系とアミノ酸系の違いが知りたい
  • タウリンベースのシャンプーが知りたい

主に、全成分表の【ココイルメチルタウリンNa】【ラウロイルメチルタウリンNa】【ココイルメチルタウリンタウリンNa】が、タウリン系の洗浄剤になります。

最近はサロンシャンプーやおすすめできる市販のシャンプーでも、メイン洗浄剤として使用されているのをよく見かけます。

今回はタウリン系洗浄剤の話をしていきます。

結論から言うと、

  • 適度な洗浄力
  • 抑えめな刺激性
  • さしたるデメリットはない

使い勝手の良い優れた部類の洗浄成分です。

この記事でわかること
  • タウリン系のメリット
  • タウリン系のデメリット
  • なんでアミノ酸系では無いのか?
  • 市販でおすすめなタウリンベースのシャンプー

シャンプー選びの参考にして下さい。

目次

タウリン系洗浄成分のメリット

最近タウリン系の洗浄成分は、高機能な市販のシャンプーやサロンシャンプーでも多く使用が見られる成分です。

他の洗浄成分と比べて、

ここがNo.1に優れている!

と言うところがあるわけではないですが、平均的に非常に優秀です。

メリットは、

  • 適度な洗浄力
  • 抑えめな刺激性
  • さしたるデメリットはない

詳しく解説していきます。

適度な洗浄力

適度な洗浄力や起泡力で、さっぱり洗い上げれるタウリン系洗浄成分。

また、酸性領域や硬水中でも優れた効果を発揮できるので、広範囲にバランスの取れた洗浄成分です。

抑えめな刺激性

刺激性でもベタイン系やアミノ酸系の洗浄剤ほどの低刺激ではないですが、余程の敏感肌でない限りは安心して使用で来ます。

キューティクルの剥離性もなく、タンパク質変性作用も極めて低いので、安心して使用できる成分です。

さしたるデメリットはない

洗浄力も適度にあって低刺激な洗浄成分なので、さしたるデメリットはありません。

洗浄力で言えばもっと高い成分もあるし、ベタイン系やアミノ酸系の方が低刺激なのですが、カルボン酸系と同様非常にバランスのいい洗浄成分です。

さらに、生分解性も高く環境にも優しいので、最近ベースの洗浄成分として使用されることが多くなっています。

タウリン系洗浄剤はアミノ酸系洗浄剤ではない

シャンプー剤を話す中でタウリン系洗浄剤をアミノ酸系として紹介している事がとても多いですが、化粧品成分的には厳密にはアミノ酸系ではありません。

アミノ酸は、化学的にアミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称であり、タウリンは化学構造としてカルボキシル基を持たないことから厳密にはアミノ酸ではなく、したがってメチルタウリンと高級脂肪酸塩を骨格とする陰イオン界面活性剤は、厳密にはアミノ酸系界面活性剤ではないといえます。ただし、タウリンは体内では含硫アミノ酸であるシステイン代謝により生合成されることから、栄養学をはじめタウリンを含硫アミノ酸に分類していることも多く、そういった背景からアミノ酸の一種として説明されていることもあります。

*引用記事・・・ココイルメチルタウリンNaとは…成分効果と毒性を解説

栄養学的に含硫アミノ酸として分類されていることが多いので、ごっちゃになりがちですが、化粧品成分の場合は別モノとして考えた方がいいかもしれません。

だからって体感的に何か変わるわけではないですが、知っといて損はないと思うので豆知識程度に・・・

タウリン系洗浄成分ベースのおすすめ市販シャンプー

最近見た市販のシャンプーの中でおすすめは、BOTANISTのバウンシーボリュームです。

BOTANISTはタウリン系の洗浄成分を比較的良く採用していますね。

バウンシーボリュームを使ったから、髪のボリュームUPに直接影響はないですが、シャンプーとしてはオールマイティに使えます。

Amazonが1番安そうですね。

しっとり系の方が好きな人は、ステラシード 8THE THALASSO クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーがおすすめです。

しっとりタイプなので好みは分かれると思いますが、多毛の人やロングヘアの人は心地よくまとまります。

価格帯的に市販の中では高価なシャンプーに使われていることが多いですね。

他の成分も良いものが多いので妥当だとは思います!

まとめ

泡立て方

まとめると、

  • 適度な洗浄力
  • 抑えめな刺激性
  • さしたるデメリットはない

こういった感じで非常にバランスのいい洗浄成分です。

あとは、好みで使っていいと思います。

敏感肌で刺激を感じてしまったら、カルボン酸系・アミノ酸系・ベタイン系の方がより低刺激なので、そちらがおすすめです。

他の洗浄成分の記事はこちら

参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

湘南を中心に都心部・埼玉などで美容師歴18年(内カラーリスト10年)と、
オリジナルヘアケアコスメNarucos labo.運営。
12種類のヘアケアアイテムを商品開発・販売中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる